« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

ディープインパクト

ディープが有馬記念を走って引退した。まさにペガサスのようにゴールを駆け抜ける姿がもう見られないなんて、寂しい限りだ。

去年の入院中、消灯が9時で眠れなくて、毎晩ラジオを聴いていた。偶然に聴いたNHKの番組でディープが紹介されていた。「走るのが好きで好きで、蹄を怪我していても走ってしまうんです」「とにかく走っていればうれしそうです」。そんな紹介に、競馬に全然興味なしの私だったが、ディープの走る姿を見てみたいな、と思った。そして、そんな天才馬と比べるのはおこがましいけれど、私も走りたい、と強く思った。

手術前の検査に大分時間がかかったので、入院中もベッドサイドでスクワットしたり腹筋したり(看護婦さんにびっくりされた)、非常階段を20階まで昇降したり(警備員さんに怒られた)、手術後は翌日からフロアの回廊をぐるぐる歩いて体力の回復に努めた。ディープは今日も走ってるのかなぁ、とよく思った。

北海道に帰って、今頃のんびりしているのだろうか。もう寒いだろうな。雪の中でも走れるのだろうか。たくさんたくさん感動を与えてくれたから、うんとのんびりして美味しいものたくさん食べて、いつまでも元気で走っていて欲しい。

ディープ、ありがとう。あなたほど素敵には走れないけど、私も走れるようになったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

一難去って・・・

20日までの魔境がエージェントからの追加仕事で22日まで延長された。栄養ドリンクをくいっと飲み干しつつ、ようやくこの魔境を乗り越えた。22日夕方に納品したあとの開放感といったら!!

・・・しかし、次の魔境は足音も軽やかにやってきた。今度は28日まで。年末年始は絶対休んでたくさん走ろう。だから今は頑張ろう!

ずっと続けている補強トレーニングの効果をやっと最近感じられるようになった。膝の調子も良い方向に向かっているし、距離も少しずつ踏めるようになったし、うれしいことがたくさんだ。

年明けからつけてきたランニングダイアリー(クリールの付録)が、今日から最終ページになった。この1年、故障続きだったけれどよく頑張ってきたんだなぁ、私。えらかったえらかった、と朝から自分をたくさんほめる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ランニングしてて良かったこと

早起きになった!今まで休日といえば11時過ぎ、ときには午後まで寝ていたことが信じられない。睡眠時間は減ったけど、頭のすっきり感は数段アップした。

健康になった!自分の毎日の体調に敏感になり、栄養にもますます気をつけるようになった。飲みすぎると次の日走れないから、と深酒しないようになったし(ときどきしちゃうけど)、走るとすっきりするからやけ食いでストレス発散する必要もなくなった。

ココロも敏感になった!なんていうんだろう、感動しやすくなったというか・・・。以前は感動して泣いたりするほうじゃなかったのだけど、今はなんでもココロの琴線にびんびん響いてきて、テレビでマラソン見ても、他のランナーさんのブログを読んでもすぐに涙ぐんでしまう。しかもそれに抑制がかからない。泣きたいときに素直に泣いて、うれしいときに素直に笑えるようになったような。あと、人のことが自分のことのようにうれしかったり悲しかったりする。報道ニュースを見ていても怒ったり笑ったり泣いたりで忙しい(?)。走ることで、体の贅肉だけじゃなくて、ココロの贅肉もとれてきたのかなぁ。

ランニングを通じて素敵な方々と知り合えた!走っている人って、どうしてみんな素敵なんだろう。誠実さがまーっすぐに伝わってくるランナーさんが多い。私は盆栽の松よりももっともっとひねくれた性格ですが、ささやかな交流を持ってくださる皆様、ありがとうございます。出会えたことが本当にうれしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

あー仕事

時間がない。全然ない。いや、ないわけじゃない。ある。

でも仕事が終わらない。全然終わらない。やってもやっても終わらない。

でも私だけじゃないから。この年末の忙しい時期、みんな遅くまで仕事をしたり家事をしたり、その合間にちゃんと走っている。

明日は眠くても早起きして走ろう。

レッドソックスに入団した松坂のインタビューで、「夢は見るものであって実現するものではない、自分の大リーグ入団は夢じゃなくて目標だから」みたいなことを言っていた。そうか、夢はただ見るものだったのか・・・。

でも、夢を見るのもいいよね・・・、とちょっと思った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

ランニンググッズ

このところ、膝の調子は一進一退。昨日は雨ですごく寒かったせいか、レストとしたのに調子悪かった。膝を冷やすのもよくないらしい。遠赤外線サポーターでも導入しようか?う~ん、ますます膝痛のお年寄りみたくなってきた。

最近のシューズは、ミズノのウェーブエリクサーとアシックスKayanoを順番に履いている。エリクサーは相変わらず足にしっくりきていい感じだけど、ウォーキングには断然Kayanoが安定していて良いように思う。もちろんそのまま走っても問題ない。本番のレースのときにはどのシューズを履くか、おいおい決めておかなくては。まだ2ヶ月あるからウェアも買っていないけれど、これは選ぶのがすごく楽しみ。年明けにでも品揃えのいいお店に行って、ゆっくり選ぶことにしよう。ピンクとか黄色のパステルカラーにしようか、やる気の赤もいいし、大好きなブルーも着たいし、びしっと黒も捨てがたい。着てみたいのがたくさんあって、途中でお色直し(?)したいくらいだ。

あと、迷っているのがインソール。「スーパーフィート」というのが評判いいらしいのだけど、どうなのだろう。カスタムではなく汎用のものならそれほど高価でもないし、ためしに使ってみようかな。だめでもともと、合わなかったらすぐにやめればいいし。あと、ミズノのアーチハンモックソックスは必ず買おう。

・・・ねえ、今年ランニンググッズにいくらつぎ込んだ?(怖くて計算できません・・・)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

これは出口?

すっかり早起きのつらい季節になった。昨夜は時間があったのでちょっと歩いておこうかな・・・と思いつつ、朝と夜との2部練はそれなりに負担になるし寒いし、いいや、今夜は早寝して明日うんと早く起きよう、と寝てしまった。そして今朝、5時前に1回目覚めたものの、あと10分だけ寝ようと思って次に目を開けたら6時過ぎていた。。。あの1時間あまりはどこへ行ってしまったのだろう。とりあえず起きて、ストレッチ。1kmウォーキング後、3kmをゆっくり走ってみた。走ると体がほかほかする。問題の左膝、違和感はいつものとおりあるものの、悪化することはないみたい。良かった!

まだ整形の治療も続けているし、完治したわけではないけれど、この膝の違和感とは共存していけそうな予感がしている。ケアを十分にしながら、少しずつ走って大丈夫ではないのか?膝に故障を抱えるランナーさんは多く、皆さんそれぞれに工夫しながらランニングを続けている。悪化させないように、私もストレッチやセルフマッサージや専門家の治療を続けつつ、走れるのではないか?そんな気がしている。

夏過ぎから治ったと思って走っては故障を繰り返していて、今回のこれが本当に完治に続く出口なのかどうかは確信が持てない。灯が見えたので「出口だー」と喜んだら、別のトンネルへの岐路だった、ということが何度もあったから。でも今回は、すっきり外へ出る出口ではないにしても、近道迂回路への入口くらいにはなりそうな気がする。そうであってほしい。

文鳥のタロウさんもすっかり復調し、一安心。あとの懸念事といえば、今月20日までの仕事の立て込みようか・・・。毎度忙しいとはいえ、これから2週間くらいはよほど気を引き締めないと乗り切れないスケジュールだ。そして、20日を過ぎれば楽になるという保証はない。。。あーつらい自営業。でも、楽しいクリスマス&年末&お正月を迎えるために、ここはもう死んだ気でがんばるぞー。でもでも、11日~12日は実家の父を熱海の温泉に連れていく予定があって、17日は皇居のクリスマスチャリティーマラソンだ。お歳暮と年賀状どうする?忘年会のお誘いもちらほらあるけど??今年も大掃除はパスに決まりだ・・・・。お願い、だれか助けてー。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月 2日 (土)

10kmウォーキング

1日おきに治療を続けているおかげで、膝の調子はだいぶ上向いてきた。右は完全に復調、左は違和感が残る程度。走りたいけどもう少し我慢。昨夜は10km続けて歩いてみた。自慢じゃないけど私は歩くのが速い(どうして走るのはあんなに遅いのだろう・・・謎だ)。最近ウォーキングばかりだからなおさら速くなった気がする。

走るにしても歩くにしても、一気に10kmは久しぶりのまとまった距離だったので、少し不安もあったが、膝に痛みが出ることもなく、無事に終了。あーよかった。少し体が冷えたので帰宅してそのままお風呂に飛び込む。運動後のお風呂は最高最高。膝に違和感があるうちは、無理に走らなくてもこのままウォーキングの距離を伸ばすのもいいかも。プラス、階段駆け上りをすれば心肺機能にもしっかり負荷がかかる。

走りたいのに走れない苛立ちや焦りが、最近ようやく落ち着いてきた。2月までには何とかなるだろうし、走れなくても歩いてもどうにかなるだろう・・・と一旦開き直ってしまえば、今の状況もそれなりにやり過ごせてしまう。(コメントをくださった皆さんに感謝しています。本当にありがとうございました。)

ここ数日、やはりタロウさんの具合が悪く、朝トレーニングに出かけられない。小鳥は体が小さいのに体温が高いから、食べられないととたんに弱ってしまうのだ。止まり木の上段から下段に移動できないほど弱ってしまい、鳥かごをバリアフリー化してタオルを敷き、えさを撒いていつでもつまめる状態にし、とにかく温かくして様子を見る。今朝は大分元気になり、オットとふたりでほっとする。タロウさん、早く良くなってね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »