« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月28日 (水)

白夜

実家の父が前立腺癌で検査入院することになった。一昨年胃癌で手術したばかりなのに、まだまだ元気で働いているのに、どうしてなんだろう・・・・とやりきれない気持ちになる。今朝は自宅から2駅離れた実家に自転車で行って、ちょっと様子を見てきた。元気そうにしているけれど、内心は落ち込んでいるのだろうなぁ。どうしてあげたらいいのだろう。

ずっと昔から父は、「北欧の白夜が見たい」と言っていた。「そのうち一緒に行こうねー」なんて口ばかりで全然連れて行ってあげなくて、なんだか自分の中でカウントダウンが始まってしまったような気がして、どうしても白夜を見せてあげたくなった。今年の夏至にフィンランドに連れて行こうか・・・。しかし、海外に行ったことがなくて健康にも問題のある老人(なんていうと本人は怒るけど)を、いきなりスカンジナビア半島まで連れて行けるものだろうか・・・?10時間以上のフライトは、体にかなり負担になるのではないだろうか・・・。

いろいろ迷っていたら、日本の最北端の知床や礼文島でも、完全な白夜とはいかないまでも、それらしき現象が見られるらしい、という情報をつかんだ。北海道ならばなんとか連れて行けるだろう。一気に現実味が高まった。でも父は礼文島の白夜でも満足してくれるかな?白夜といっても3時頃から薄明るいくらいらしいのだけど・・・。

元気なときは何もしてあげなくて親不幸ばかりしてきて、病気になるととたんに負い目を感じて孝行したくなるなんて、不肖の娘でまったく申し訳ない。自己満足なのはわかっているけれど、でもどうしても、白夜を見せてあげたい。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007年3月20日 (火)

当面の目標

東京マラソンが終わるのを待っていたかのように、怒涛のように仕事が降りかかってきて、ブログを更新したいしたいと思いながらずいぶん経ってしまった。いつの間にか梅も終わり、もう桜の時期だ。私もそろそろ本格的に次の目標を定めよう!と決心。やっぱり具体的な目標があったほうが、毎日の朝ランにも気合が入るというもの。

初フルマラソンがあんなに楽しかったから、またフルを走ってみたいとは思うものの、それなりに準備もいるし体へのダメージも侮れない。フルはせいぜい年2~3回かなぁ。とりあえず、2つのレースにエントリーしてみた。
・5/4 春日部大凧マラソン(ハーフ)
・5/20 チャレンジ皇居マラソン(30km)

あとは、6/24の富里スイカロードレースの5kmか10kmを、オットと一緒に走る予定。「ちょっとだけ走ってスイカ食べて、帰りにビール飲んでお寿司食べようよー」と誘ったら喜んでついてくることになった。が、まだ1回も走っていない・・・・。明日の祝日はウォーキングの手ほどきでもしようかな。

次のフルマラソン候補として、秋の弘前アップルマラソンか、12月の那覇マラソンを考えている。どちらも地元の暖かい声援を受けて楽しく走れそう。これは秋以降の体調や仕事の様子を見て決めるとしよう。あー今から楽しみだ。

レース以外の目標として、LSDで30kmまでは走れるようになりたい。時間がないとか膝が痛くなるとか言い訳をして、今までひとりで走ったのは最高20kmまでだ。ゆっくりでいいから1ヶ月に2回くらいは30kmを走れると、脚力も自信もかなりアップすると思うのだが。。。これは近いうちに必ず実行しよう。

ランニングの予定を立てるのはとても楽しくて、うきうきする。全国各地に参加してみたいマラソン大会がたくさんあって、海外でもNYCマラソンを始め魅力的な大会がたくさんあって、その中から「今度はこれ」って選ぶのは、ケーキ屋さんのウインドーから美味しそうなケーキを選ぶのに似ている。いつかは全部のケーキを食べてみたいものだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

自営業者の嘆き

このところずっと確定申告(青色申告)に忙殺されていた。ようやく決算も済んで申告書の記入も完了して、やれやれなのだが・・・・。

高いよ、所得税。。。戻ってくるどころか、かなりの額を支払わないといけない計算になってしまった。この分では、今年は住民税や事業税も高くなりそう。憂鬱だ。

念のために言っておくと、私はそんなに稼いでません。。。私腹も肥やしてません(税務署の方、読んでくれてますでしょうか)。ただ、毎日パソコンのキーをカシャカシャと打ち続けて自分の仕事をしていただけなんです。翻訳という仕事は、経費といえば辞書や本が中心で、それも1回買ってしまえばずっと使えるから無尽蔵に買うわけではない。ずっと家にいるから交通費もかからないし、文房具などの消耗品も高が知れているし、誰を接待する必要もないから交際費もかからない。しかも、私は昭和一桁生まれの両親に育てられて、倹約が身に染み付いている。本棚も机も椅子も、大事に大事に何年も使いたいのだ。経費を使えばそれだけ他の産業がうるおうことになるのだから、経費を使わないで営業している私は日本経済にあまり貢献していなくて、だからその代わりに税金払いなさいってことなのだろうか・・・?

うちはちょっと事情があって今の家計は火の車、去年の儲けはすでにほぼお嫁入り先が決まってしまい、私の手元にはほとんど残らない。あーあ、なんだかなぁぁぁ。今年からは税務相談にも行って、ちゃんと節税対策とらなきゃ。

でもまあいいか。東京マラソンにだってかなりの税金が投入されたというし、私が払ったお金が信号になり街路樹になり点字ブロックになれば、世間に少しは貢献できるというものだ。体が健康で働くことができさえすれば、オットとタロウさんと3人(2人と1羽)で路頭に迷うこともないだろう。さあ、今日もせっせと働こう。

それにしても、ランニング経費って福利厚生費として認めてもらえないものだろうか?私の健康はランニングに大きく依存しているのだし、去年ランニング業界にはずいぶんとお金をつぎ込んだのだが・・・。だめでしょうかね?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »