2007年1月25日 (木)

減量だ・・・

あーだめだだめだ・・・。年末年始を越え、ハーフのためのカーボローディングや風邪撃退の栄養補給をしていたら体重が2kgも増えてしまった。しかも膝痛のために走る距離を抑えている。。。もともと実力もないのに、体が重かったらますます完走がきつくなる。

というわけで、昨日から一大決心をしての減量計画。中心はダイエット。スタートラインに立つまでに、少なくとも余分な2kgは落とさなければ!ここに書いちゃったからには実行あるのみ。完走後の美味しいビール目指してがんばろうっと♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

ランナー的風邪の治し方

ハーフマラソンが思った以上に体に負担となったのか、2年ぶりに風邪をひいてしまった。前の週からオットが風邪引き大魔王と化していたから、移っちゃったのかなぁ、まいったなぁ・・・と思いつつ、今回は免疫力を高めるべく、薬に頼らないで治してみよう、と思い立つ。

まず走って体を温める(いいの?)。まだ発熱はしていないから、たくさん着込んで走って汗をかけば、体もぽかぽかして治るはず。フリースTシャツとウィンドブレーカーで走ったら暑いくらいで、2kmも走ったらもうポカポカ。7kmほどでやめておき、冷えないように急いで着替える。

次に、思いつく限りの民間療法を試す。生姜紅茶、生姜湯、唐辛子コーヒー、大根あめ、玉子酒、蜂蜜焼酎お湯割り、梅干の黒焼き、ニンニクの丸焼き、ネギ焼き、ネギ味噌 etc. etc...どれも体が温まっていい感じ。風邪に生姜とネギとニンニクは欠かせないとわかった。

もちろん食事も風邪仕様。朝はお雑煮、昼は煮込みうどん、夜は鍋。野菜をたーくさん、合間に果物の間食も。ビタミンミネラルをたっぷり摂取する。いつもはあまり食べないお肉や卵も一生懸命食べておく(おかげで太ったかも・・・)。胃腸にくる風邪ではなくてよかった。

そして、ひたすらうがい。朝も昼も晩も、仕事の合間にガラガラガラガラ。。。イソジンを一瓶使い尽くす勢い。たしか、塩水でうがいものどにいいときいたので、これも試してみる。

こうして2日後、喉のイガイガもすっかりとれて、1日目にちょっとあった微熱も下がり、風邪菌は去っていった。いつもは安易に薬を飲むけれど、今回売薬も使わず病院にも行かずに風邪を撃退できて、またひとつ自分の体に自信がついた。栄養と休養を十分にとって、できる限りのケアをしてあげれば、体も応えてくれるんだなー。なんだかますます自分の体が愛おしくなる。

さあ、この週末もまた走り込みをしよう。東京マラソンまであと1ヶ月だ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

脚その後

この連休は脚のメンテナンスに重点を置いて過ごした。土曜日に岩盤浴、昨夜は銭湯で筋肉をゆっくりほぐす。トレーニングも抑え気味にし、仕事をしながら机の下で足首を回したり、指圧球をぐりぐりと踏んだり。夜は毎晩念入りにストレッチし、余裕があれば補強運動も。連休3日とも仕事で休めなかったが、なかなかよい過ごし方ができて満足。

焦る気持ちがなくなったら、なんだかすこーんと楽になった。走りこみしなくちゃ、長い距離走らなくっちゃ、走れない私はダメだダメだー、と自分を責めなくなった。でもね、10kmとか20kmとかを、ゆーっくりでいいから、楽しく楽々と走れるようになりたいという憧れは強い。レースに出て完走したいっていうより、こちらの憧れのほうが強い。なんだろう、ランナーズハイを経験したいのかな(もしかしてエンドルフィン中毒?)??

ここ最近ストレス過食で体重が増え気味で(胃が1/3しかないくせに・・・)、代謝が上がるよう毎日野菜スープを食べている。グルコサミン+コンドロイチンとコラーゲンも飲み始めたのだけれど、やはり栄養は食事が基本。サプリメントに頼り過ぎないようにしないと。今夜は野菜たくさんの塩焼きそばを作ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

体の声を聴くこと

まだ全然走れないものの、調子は徐々に上向いている。普段からテルミーという民間療法を愛用しているのだけれど、一昨日の晩に腰から股関節にかけてテルミーでじっくり温めてみたら、とても気持ちよくて脚が楽になった。今まで痛む箇所(膝裏とかふくらはぎとか)ばかりにかけていたが、仙骨のあたりが一番気持ちよくて効いた。故障の原因はいろいろあって、筋力脚力不足のくせに長い距離を走りたがるのも一因だが、股関節・臀部の堅さも大いに関係しているようだ。ここをほぐすなり、ストレッチで柔軟にするなりで対策を取っておくことが大事だとわかった。ふんふん、私、少しずつ賢くなってる?

今までずいぶんと体の声を無視して酷使し(今もだけど)、病気や故障をまねいてきた。痛みやだるさは体からのSOSのサイン。どうも私は「気合が足りない」「鍛錬が足りない」とさらに無理を重ねる傾向がある。もう少し、体の声をじっくり聴いて、手入れやメンテナンスを怠らないようにしよう。

昨朝も今朝もウォーキング。やはり朝の空気は気持ちいい。ためしにウォーキングでの1kmのラップを計ってみたら、10分/km弱だった。かなりガシガシ歩くと9分/kmくらいでもいけそう。このスピードで歩き通せば、フルマラソンでも6時間半くらいでゴールできる。なんだかぐーんと気が楽になった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

お玉騒動と休養

秋も深まり、今年もタロウさんの産卵が始まった。うちではこれを「お玉騒動」と呼んでおり、できるなら来ないでくれー、と願い続けたのだが、今年もとうとう昨日1個目のご産卵。思ったより元気そうでほっとしたのもつかの間、今朝もタロウさん巣篭もり。2個目の陣痛に苦しんでいる様子。

タロウはメスだけどつがいではない「独身娘」だから、産んだ卵は無精卵でヒナが孵ることはない。それでも毎年この時期になると、飼い主の私を相手に発情し(下品な言葉でごめんね、タロウ)、肩に乗っては尾っぽをプルプル、うるんだ目で私を見るのであった。産卵は体力を使うし危険が一杯だから、メス1羽飼いの飼い主はできるだけ卵を産ませないよう気をつけている。鳥が交尾と勘違いしてしまうこと、例えば背中や頭をなでたり、手に包み込んだりすることはせず、「妙齢のメス文鳥さんとは、距離をおいたあっさりしたお付き合いをしましょう」とペット本には書いてある。

でも、可愛いから飼っている文鳥を、可愛がらずにあっさり接することができるだろうか。。。私にはできない。それこそ全身で愛情表現をして、私が仕事をしていも家事をしていても、「なででくれー」とフライングボディーアタックをするタロウさん。この可愛い子をなでずにいられるものか・・・。それに、なでなくても結局タロウは尾っぽプルプルしちゃうし。。

そこで我が家では、産卵を「必要悪」と受け止めて、特に夏の終わりからカルシウムをたくさん摂らせ、新鮮な葉っぱもせっせと与えて栄養補給に努め、無事産卵を乗り越える体力を養うことにしている。この方法が正しいのかどうかはわからないが、タロウにメロメロのオットも私も、この時期はとにかくタロウさんの無事と健康を願うばかりだ。

今、巣をのぞいたら2個目が産まれていた!タロウさん元気で餌をもりもり食べている。よかったよかった。

昨日今日と大降りの雨で走っていない。補強とストレッチはやっているけど、脚の疲れがずいぶん抜けて楽になった。早く走りたい、という気持ちの反面、ほんの少ーしだけ、もうこのまま走らないほうが楽だ、という気持ちがひそんでいる。東京マラソン当選で気持ちが舞い上がりすぎ、一生懸命になりすぎて早くも燃え尽きたか・・・・。いずれにしても、この大雨は神様からの「休養」と思い、ゆったりさせてもらおう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

銭湯とストレス食い

どうも疲れがたまって抜けないようなので、オットの帰りも遅いようだし、近所の銭湯に行く。自転車で少し離れた広い銭湯に行ったら更地になっていた・・・。大好きな銭湯だったのに、残念。あらためて、近くの狭い銭湯に向かう。ここは以前は広い銭湯で、薬湯やラドンやサウナや、岩風呂まであって楽しかったのだが、その敷地をマンションにしてしまい、今はうんと狭いお風呂と井戸みたいな水風呂だけでほそぼそとやっている。3人も入れば狭いと感じるほどだ。

それでも自宅のおふろよりはずっと広く、脚を伸ばしてぶくぶく泡の出るお湯につかって極楽極楽。ジェット水流(お湯が勢いよくわーっと出る装置)で背中や腰や腿裏・ふくらはぎのマッサージもできた。水浴と温浴を数回繰り返し、疲れがすっきり取れた感じ。途中で混んでこなければもっと入っていたかったのだが、7人も入ってきたのでほどほどで上がることにした。

あー気持ちいい。近くなんだし、面倒がらずにときどき来て体のメンテナンスをしよう。気分転換にもなることだし。

お風呂上りはやっぱりビールでしょう、ということで、しばらく胃痛のためやめていたビールを解禁。うまい!あー最高。これだから、ランニングとお風呂とビールはやめられそうもない。ついでにつまみもパクパク。夕食しっかり食べたあとだったのに、お菓子をたくさん食べてしまった。

このところ、毎日がランニングと仕事だけで一杯で、気付かないうちに心にもいろいろなストレスがかかっていたように思う。夜食べると体重増えるし、胃にも負担がかかるけれど、美味しく食べて美味しくビール飲んで、大分ストレス発散になったからよしとしよう。

心と体のバランスをとって、どちらもいい状態に保ってあげたい。いつも負担ばかりかけているから。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

順調な回復

今朝はいつもよりちょっと早く、5時半に起きて外に出る。長袖のランシャツ着たけど、空気がひんやりして寒いくらい。すっかり秋だなー。土曜日にミズノで教わったウォーミングアップをし、ゆっくり走り出す。今朝は6km走ってみた。ずっと気になっていた左脚の痛みもなく、ようやく「走りこみしても大丈夫」と思うことができるようになった。本当によかった・・・・。また急に距離を増やしてはダメだけれど、今度の週末には10kmくらい走ってみようかな。

実力がない分をおカネで補おうと、最近ストレッチボードを買ってみた。ランナーズの通販で売っていた、アスリートクラブの「スリムボード」。早速組み立てて乗ってみると、う~ん、なかなか気持ちいい!背筋とふくらはぎがぴーんと伸びる感じ。足首の柔軟性は結構あるらしく、4段階のうちの第3段階で楽に立てる。食後の歯磨き時とお風呂上りには必ず乗って、ほかにも何回か乗っている(やりすぎは禁物らしい)。これで故障が防げるのなら、買った甲斐があるというもの。完全に運動不足のオットにも毎日使わせよう。

月曜には術後1年目の胃カメラを受けてきた。とても上手な先生で(下手な医師にあたると悲惨)、どこも痛くならずにリラックスして検査を受けられた。一応組織をとって調べてもらうが、見た感じでは問題ないそうだ。でも胃壁は相変わらず荒れていて、写真で見ても赤くただれて痛そうだった。ここ1ヶ月ほど胃痛が強くてガスターを飲んでいる。仕事の忙しさか、暴飲暴食か、日常の雑事からくるストレスか・・・。どうも私は胃が弱い。せっかく1/3残してもらった胃なのだから、大事にしてあげなくては。ランニングは内臓も丈夫になるそうだから、続けていればきっと胃腸も元気になるだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

東京マラソン当選!

昨日の夕方、仕事を終えて最後のメールチェックをしたところ、なんと「東京マラソンに当選しました」のメールを受信した。え、本当に当選なの!瞬間的に感じたのは大きなうれしさと喜び。記念すべき第1回の東京マラソンで、初フルを走れる!これはもう、ランニングの神様が「頑張りなさいよ」と言ってくれているのだ、と勝手に解釈。参加料の支払いも早速済ませてしまう。あーうれしいな、うれしいな、とオットにも報告し、ますます張り切ってトレーニングに励もうと、寝る前にも「ジョギングから始めるフルマラソン」の本を読む。

でも、時間が経つにつれて、大きな不安も湧き上がってくる。この脚で、この体で、本当に42.195kmの過酷なレースに耐えられるのだろうか・・・。去年の10月に開腹手術をしたばかりで、ようやく術後1年が過ぎたものの、胃が1/3になっちゃったので栄養の吸収が悪く、胆嚢も切除したために油モノを食べるとすぐにおなかをこわしてしまう。カルシウムと鉄分の吸収も悪く、サプリメントで補ってはいるものの、体の状態には一抹以上の不安が残る。

そして、この仕事の忙しさ。9月の休日は1日のみ、今月も全然休めないんじゃないか・・・というペースで仕事が続く。今は早朝ランのみだが、初フルに向けてもう少しトレーニング時間を確保したい。体のメンテナンスのために休養時間もとりたい。大好きな仕事でお金がもらえるのは幸せなのだけど、今の状態ではあまりに仕事ばかりに時間をとられすぎている。かといって、もう来月以降まで予約が入っている仕事の分量を減らすのは難しい。あー悩ましい悩ましい。。。せめて今日からもっと集中して仕事をし、効率を上げるよう努力してみよう。

フルマラソンを走るっていうことは、準備の大変さにしても覚悟の大きさにしても、ハーフを走ることとは全然別なのだな、と痛感している。それでも、せっかくランニングの神様がくれたチャンス、精一杯の準備をして、楽しく走りきりたいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

補強運動

今朝は結構な大雨だった。昨日も一昨日も歩いていないので、今朝は寝不足をおして6時に起床。雨の中、ビニール傘をさしてのウォーキングとなった。いつもたくさんのウォーキング仲間とすれ違うのに、さすがに今日は誰も歩いていない。。。

7月末に故障してから、あれほど嫌いだった補強運動に取り組むようになった。腹筋、背筋、腕立て伏せを20回×3セット、余裕があればスクワットも。今度治って走れるようになったら、脚に負担をかけすぎることなく、ずっと故障せずに走り続けたいから。明確な目標があるってすごい。「ウエストが細くなる」なんていう理由だったら、腹筋なんて苦しいことを続けられるわけがない。

去年の10月、早期胃癌で胃を2/3取る手術をした。手術が終わって退院して、やれやれ、とソファーにもたれかかったら、その姿勢から元に戻れなかった。腹筋がまるきり効かなくなっていたのだった・・・。筋肉が衰えるのって早いのね、とほほ・・・・と思いつつ、以前には30分で走っていたジョギングのコースを2時間かけて歩いたりした。「また走りたい」、そう思いながら、すっかり鈍ってしまった体が悲しくて、オットに当り散らしたりした。

今も故障で走れないけれど、ウォーキングできるようになったし、晴れればサイクリングにも行けるし、毎日補強して体は丈夫になったし、まあよかったのかな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)