2007年5月 7日 (月)

積み重ね

4月はとうとう1日もブログを書かないうちに終わってしまった・・・・。その間、左膝の鵞足部痛みを完治させるべく休養を十分にとり、整体やらボディバランス測定やら、いろいろやってみた。そして、どうやら痛みは炎症ではなく、神経性らしいことがわかってきて、短期間でぴたっと治るものでもなさそうで、なし崩しにラン復帰。

ランニングも他の趣味も、仕事も人間関係も、生きることすべてで積み重ねが大事だなぁってつくづく思う。このところの私のキーワードとなっている。短気だからすぐに結果が出てほしいと思い、ちょっと積んでは辛抱できずにガラガラ崩しちゃったり、途中で放り投げたりもするけれど、なんでも地味にこつこつ積み重ねることが、いつの間にか大きな花になる。

| | コメント (12)

2007年3月28日 (水)

白夜

実家の父が前立腺癌で検査入院することになった。一昨年胃癌で手術したばかりなのに、まだまだ元気で働いているのに、どうしてなんだろう・・・・とやりきれない気持ちになる。今朝は自宅から2駅離れた実家に自転車で行って、ちょっと様子を見てきた。元気そうにしているけれど、内心は落ち込んでいるのだろうなぁ。どうしてあげたらいいのだろう。

ずっと昔から父は、「北欧の白夜が見たい」と言っていた。「そのうち一緒に行こうねー」なんて口ばかりで全然連れて行ってあげなくて、なんだか自分の中でカウントダウンが始まってしまったような気がして、どうしても白夜を見せてあげたくなった。今年の夏至にフィンランドに連れて行こうか・・・。しかし、海外に行ったことがなくて健康にも問題のある老人(なんていうと本人は怒るけど)を、いきなりスカンジナビア半島まで連れて行けるものだろうか・・・?10時間以上のフライトは、体にかなり負担になるのではないだろうか・・・。

いろいろ迷っていたら、日本の最北端の知床や礼文島でも、完全な白夜とはいかないまでも、それらしき現象が見られるらしい、という情報をつかんだ。北海道ならばなんとか連れて行けるだろう。一気に現実味が高まった。でも父は礼文島の白夜でも満足してくれるかな?白夜といっても3時頃から薄明るいくらいらしいのだけど・・・。

元気なときは何もしてあげなくて親不幸ばかりしてきて、病気になるととたんに負い目を感じて孝行したくなるなんて、不肖の娘でまったく申し訳ない。自己満足なのはわかっているけれど、でもどうしても、白夜を見せてあげたい。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007年3月10日 (土)

自営業者の嘆き

このところずっと確定申告(青色申告)に忙殺されていた。ようやく決算も済んで申告書の記入も完了して、やれやれなのだが・・・・。

高いよ、所得税。。。戻ってくるどころか、かなりの額を支払わないといけない計算になってしまった。この分では、今年は住民税や事業税も高くなりそう。憂鬱だ。

念のために言っておくと、私はそんなに稼いでません。。。私腹も肥やしてません(税務署の方、読んでくれてますでしょうか)。ただ、毎日パソコンのキーをカシャカシャと打ち続けて自分の仕事をしていただけなんです。翻訳という仕事は、経費といえば辞書や本が中心で、それも1回買ってしまえばずっと使えるから無尽蔵に買うわけではない。ずっと家にいるから交通費もかからないし、文房具などの消耗品も高が知れているし、誰を接待する必要もないから交際費もかからない。しかも、私は昭和一桁生まれの両親に育てられて、倹約が身に染み付いている。本棚も机も椅子も、大事に大事に何年も使いたいのだ。経費を使えばそれだけ他の産業がうるおうことになるのだから、経費を使わないで営業している私は日本経済にあまり貢献していなくて、だからその代わりに税金払いなさいってことなのだろうか・・・?

うちはちょっと事情があって今の家計は火の車、去年の儲けはすでにほぼお嫁入り先が決まってしまい、私の手元にはほとんど残らない。あーあ、なんだかなぁぁぁ。今年からは税務相談にも行って、ちゃんと節税対策とらなきゃ。

でもまあいいか。東京マラソンにだってかなりの税金が投入されたというし、私が払ったお金が信号になり街路樹になり点字ブロックになれば、世間に少しは貢献できるというものだ。体が健康で働くことができさえすれば、オットとタロウさんと3人(2人と1羽)で路頭に迷うこともないだろう。さあ、今日もせっせと働こう。

それにしても、ランニング経費って福利厚生費として認めてもらえないものだろうか?私の健康はランニングに大きく依存しているのだし、去年ランニング業界にはずいぶんとお金をつぎ込んだのだが・・・。だめでしょうかね?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

ここまで来て・・・

東京マラソン本番がこんな間近にせまってきて、問題山積・・・。

その1:仕事が片付かない・・・。自分のスケジューリングが悪いことは重々承知だが、この連休もずっと仕事して夜なべもしてるのに、今月2件ある納期にどうにか間に合うかどうかのあやういところ。まあぼやいても仕方ないから、目の前の山を少しずつ崩していくしかない。

その2:文鳥のタロウさん、またまた産卵障害。この冬3回目だ。もう3歳になるし、産卵はやめたほうがいいと思うのだが・・・・。DNAに組み込まれている自然の機能を止めてしまうわけにもいかない。鳥かごを病室仕様にして、温かくして見守ってあげる以外、してあげられることがなくて、つらそうなタロウさんを見ていると、「代わってあげたい」と本気で思う。タロウさん、早く元気になってね。

その3:自分の胃腸不良。どうも私は緊張すると、食欲が増してどんどん食べてしまい、その後具合が悪くなる。緊張しているつもりもないのだが、頭の中のどこかでいつもマラソン本番のことを考えているから、一番弱い胃腸にきてしまったのかな?レース前だからといって特別な食事はしないつもりだったけど、明日から「カーボローディング」と称して大好きなパンやお米やパスタをたくさん食べようと思っていたのに、これは無理しないほうが良さそうだ。胃腸のご機嫌をうかがいつつ、美味しくて栄養あって消化よくて温かいものを、少しずつ食べてみよう。

その4:左膝の鵞足の痛み。先月のハーフを走った後、今までよく痛みが出ていた膝の外側(腸脛靱帯)ではなく、膝の裏側が痛むようになった。整形外科の先生によれば「鵞足」という部分らしく、偏平足とかX脚だと傷めやすいのだとか。「私はどちらかといえばO脚だし、偏平足でもないと思うのですが・・・」と訊いてみたら、「O脚とX脚が混じっている人もいるし、走っているとき回内が強いのかもしれないし、疲れてくると足底のアーチが落ちるのかも・・・・」とのお答え。そうか、回内足か。。。そこで、お薦めのインソール(Super Feet)を導入してみたが、まだしっくりこない。慣れるまで時間がかかるだろうし、今回は本番で使用しないほうが無難かも。左膝は走れないほどではなく、ランニング量をうんと落としてウォーキングで調整しているので徐々に回復しつつある。本番前に長い距離を踏めなかったことは後悔が残るが、2/4に長距離を歩いたから、その記憶がどうにか脚に残っていてくれればいいなぁ、と思う。当日はCW-Xとテーピングでカバー。私も有森裕子さんと同じ、「這ってでもゴールする!」の心意気だけ保っていこう。

肩を丸めてはぁーっとため息をつくと、息から幸せが漏れていってしまう気がする。背筋伸ばして、腹式呼吸でリラックス、「笑顔でゴール」をイメージしよう。大丈夫大丈夫、きっと大丈夫、よね?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

入浴の効果

膝がずいぶんよくなって、だんだん距離を延ばせるようになってきた。昨日は調子良かったので120分走。冬はレースが多いためか、数人のランナーさんとすれ違う。そのうちのひとりの女性は走り方がとても素人とは思えず、すごく軽ーく走っているのだけれどとても速く、あっというまに私を抜き去っていった。後ろからじっくり観察してみると、上半身の腕振りと下半身の足運びの連動が抜群なのだ。全然無駄がない感じ。あんなふうに走れると、故障もなくて速く走れてさぞ楽しいんだろうなー。私も少しでもあんなフォームに近づけるよう、がんばってみようっと。

120分走っても特に痛みはなく、ほっとしたのだが、年末年始の疲労は確実に脚にたまっているはず。せっかく休日でもあるし、夕方オットと近くのスーパー銭湯へ行く。600円で天然温泉の露天風呂あり、バイブラあり、サウナありのお気に入りの場所だ。まず露天でじっくり体を温め、空いていたのでお湯の中でちょっとストレッチ。真っ黒なお湯なので中が見えなくて都合いい。顔が涼しくてのぼせないのもうれしい。次に泡風呂で脚を中心にマッサージ。水風呂で冷やして次はミストサウナ。これを何回か繰り返していたら、体はほかほか脚は軽く、すっかり気分もよくなった。おふろって本当にいいな。時間が許す限りずっとずっと入っていたい。宝くじ当たったら(当たらないけど)、絶対温泉付きの別荘を買おう。

湯上りはもちろんビール。帰りに中華屋さんで餃子とネギ味噌ラーメンで栄養補給もし、体メンテナンス終了。すっきり楽しい休日だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

初夢と年頭所感

ばたばたしているうちにいつの間にか2007年が幕を開け、早6日。。。2006年の振り返りも十分にしないうちに新年を迎えてしまった。まあいいか・・・。今年もマイペースで、「できるときに、できることを精一杯する」をモットーに過ごしていこう。

昨年は故障に泣かされた1年だった。股関節に膝に腸脛靱帯、どれも治りにくくて長引かせ、気持ちだけ焦ってつらいことも多かった。年末近くになってようやく長い距離を走れるようになり、故障のないランの幸せをあらためてかみしめることができた。終わりよければすべてよし!たくさんのことを学ばせてくれた故障に感謝しなくてはね。

今年は2月18日の東京マラソン完走が一番の目標となる。一時期、42.195kmという途方もない距離に圧倒されて、未知の距離への恐怖ばかりがつのっていたが、ようやく20kmほどを走れるようになり、恐怖は減ってきた。きっとすごくつらいだろうし、脚が痛くなるだろうし、全身ぼろぼろになるだろうけど、未経験のフルマラソンが今では楽しみになってきた。もうあと2ヶ月を切ってしまい、とても十分な練習を積むことはおぼつかないけれど、つらさも苦しさも痛みも含めてたくさん楽しむぞー、の気概をもっと盛り上げていきたい。せっかくのチャンスだから。

1日の晩か2日の晩(毎日飲んでいたので定かではない・・・)、初夢をみた。夢の中で私は大勢の人と一緒にフルマラソンを走っているのだけれど、そのマラソンが、20km以降は竹馬に乗らなくてはいけない、というルールだった!私は小さい頃竹馬が得意だったから、これは有利だとほくそえんでいたら、竹馬の次はなんと跳び箱!これを次々にクリアしていかないとゴールできない。跳び箱の端にお尻がついちゃったらやり直さないといけない。わーどうしよう、跳び箱は大の苦手だ・・・・と困っているうちに目が覚めた。なんだろう、あの初夢・・・。

とにかく順調なスタートを切ることができた新年。変わり映えのしない私ですが、皆様本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年12月28日 (木)

ディープインパクト

ディープが有馬記念を走って引退した。まさにペガサスのようにゴールを駆け抜ける姿がもう見られないなんて、寂しい限りだ。

去年の入院中、消灯が9時で眠れなくて、毎晩ラジオを聴いていた。偶然に聴いたNHKの番組でディープが紹介されていた。「走るのが好きで好きで、蹄を怪我していても走ってしまうんです」「とにかく走っていればうれしそうです」。そんな紹介に、競馬に全然興味なしの私だったが、ディープの走る姿を見てみたいな、と思った。そして、そんな天才馬と比べるのはおこがましいけれど、私も走りたい、と強く思った。

手術前の検査に大分時間がかかったので、入院中もベッドサイドでスクワットしたり腹筋したり(看護婦さんにびっくりされた)、非常階段を20階まで昇降したり(警備員さんに怒られた)、手術後は翌日からフロアの回廊をぐるぐる歩いて体力の回復に努めた。ディープは今日も走ってるのかなぁ、とよく思った。

北海道に帰って、今頃のんびりしているのだろうか。もう寒いだろうな。雪の中でも走れるのだろうか。たくさんたくさん感動を与えてくれたから、うんとのんびりして美味しいものたくさん食べて、いつまでも元気で走っていて欲しい。

ディープ、ありがとう。あなたほど素敵には走れないけど、私も走れるようになったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ランニングしてて良かったこと

早起きになった!今まで休日といえば11時過ぎ、ときには午後まで寝ていたことが信じられない。睡眠時間は減ったけど、頭のすっきり感は数段アップした。

健康になった!自分の毎日の体調に敏感になり、栄養にもますます気をつけるようになった。飲みすぎると次の日走れないから、と深酒しないようになったし(ときどきしちゃうけど)、走るとすっきりするからやけ食いでストレス発散する必要もなくなった。

ココロも敏感になった!なんていうんだろう、感動しやすくなったというか・・・。以前は感動して泣いたりするほうじゃなかったのだけど、今はなんでもココロの琴線にびんびん響いてきて、テレビでマラソン見ても、他のランナーさんのブログを読んでもすぐに涙ぐんでしまう。しかもそれに抑制がかからない。泣きたいときに素直に泣いて、うれしいときに素直に笑えるようになったような。あと、人のことが自分のことのようにうれしかったり悲しかったりする。報道ニュースを見ていても怒ったり笑ったり泣いたりで忙しい(?)。走ることで、体の贅肉だけじゃなくて、ココロの贅肉もとれてきたのかなぁ。

ランニングを通じて素敵な方々と知り合えた!走っている人って、どうしてみんな素敵なんだろう。誠実さがまーっすぐに伝わってくるランナーさんが多い。私は盆栽の松よりももっともっとひねくれた性格ですが、ささやかな交流を持ってくださる皆様、ありがとうございます。出会えたことが本当にうれしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

あー仕事

時間がない。全然ない。いや、ないわけじゃない。ある。

でも仕事が終わらない。全然終わらない。やってもやっても終わらない。

でも私だけじゃないから。この年末の忙しい時期、みんな遅くまで仕事をしたり家事をしたり、その合間にちゃんと走っている。

明日は眠くても早起きして走ろう。

レッドソックスに入団した松坂のインタビューで、「夢は見るものであって実現するものではない、自分の大リーグ入団は夢じゃなくて目標だから」みたいなことを言っていた。そうか、夢はただ見るものだったのか・・・。

でも、夢を見るのもいいよね・・・、とちょっと思った。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

サイクリング

今朝は初めて(!)オットを連れてのサイクリング。スポーツとは無縁のオットだけれど、元々「寝坊大魔王」だった私がせっせと毎朝出かけてきては、「走るのって楽しい!歩くって気持ちいい!サイクリング最高!」と話すので、最近はついていきたくてうずうずしていたらしい。昨夜、「じゃあ、明日5:30に起きられたらサイクリングに連れてってあげる」といったら本当に今朝ちゃんと起き出してきた。

ついこの間購入したナイキのトレーニングウェアでびしっと決めた(つもりの)私と、膝の出たジーンズにTシャツ・ウインドブレーカー姿のオット。自転車で30分ほどの大きな公園まで、朝のサイクリング。空気が冷たい。空も高いし、すっかり秋が来たんだなーと実感。6時過ぎに公園に着くと、さすがにまだ人もまばら。それでも、ウォーキングやランニング、犬の散歩を楽しむ人々が時間を追って増えてくる。

昨日調子良かったから今日も走りたかったけれど、今朝は手のかかる連れ(?)がいたのであきらめて、1.5kmのコースをウォーキング。運動不足のオットは行きのサイクリングだけで早くもヘロヘロになりつつあったが、緑の中をゆっくり歩くのは気持ちよかったらしい。これで心を入れ替えて、少しは体を動かすことに目覚めてくれるといいのだが・・・。

公園の周りには小さな川があり、川沿いは桜並木だった。春に来たらお花見できるね、今度は昼間ゆっくりとお弁当とビールもってこようか、とおしゃべりしながら、朝の森林浴を満喫。アルファ波いっぱい出たかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧